廃除使って相続を自由にする

相続人の中には自分の財産を相続させたくない人がいることも。その人が廃除にあたるのであれば、家庭裁判所に申立てをする方法もあります。

子供がかわいくない親はいない。とはいうものの、世間に顔向けのできないようなことをし続け、自分たちにも暴力をふるう子供に対し、他の子供と同様に愛せるかと問われたら、戸惑いが生まれてくるかもしれません。相続を考える時、子供たちに平等に財産を残すしかないのでしょうか。
“廃除使って相続を自由にする” の詳細は »

借金の相続はしたくないが…

相続財産に借金が含まれている時、相続財産がマイナスになってしまう事があります。その借金を相続しない方法は。

相続には、単純承認という方法と、限定承認という方法があります。

相続財産は被相続人の全ての財産や権利や地位を相続しますから、その中には借金のようなマイナスの財産も含まれています。
“借金の相続はしたくないが…” の詳細は »

身元保証人の地位は相続の対象か

身元保証人の地位は相続の対象なのか、そもそも身元保証契約はいつまで有効なのか

身元保証人に関するトラブルで、次のようなご相談を受けました。

見知らぬ会社から突然損害賠償請求が来ました。内容はそこの会社で働いていた従業員が会社のお金を使い込み、逃げてしまったので身元保証人である父の相続人たる私に対して損害賠償請求を求めるといったものでした。
“身元保証人の地位は相続の対象か” の詳細は »

身の回り品を相続する

家財や衣類などの被相続人の所有物は相続の対象となるのか

被相続人が生前使用していた家具、衣類、装飾品、書籍や文具などの雑貨など、身近な被相続人の所有物が沢山あります。
“身の回り品を相続する” の詳細は »

お墓の承継についてお伝えします

家を継ぐとき、お墓や仏壇も親に代わって面倒を見ることとなった。これも相続財産に入るか。

婚姻は家を継ぐという概念が日本人にはあります。もちろん、他の国にもあるものですが、近年薄れつつあるというものの、長男が家を継ぐという慣習は今でも強く残っています。
“お墓の承継についてお伝えします” の詳細は »